私には二人の息子がいます。上の子は公立中学だったのですが、下の子は6年生の春に突然中学受験をすると言い出しました。最初は冗談かと思いましたがどうやら本気のようで、容認することにしました。学校での成績は悪い方ではなかったのですが、試しに大手塾の公開テストを受けさせるとさすがに現実を見たようで、偏差値を上げるにはどうしたらいいのかと悩んでいるようでした。
小学校の担任の先生に集団指導より個別指導塾の方が息子には向いているんじゃないか?というアドバイスをもらったので5月ごろからとある個別指導塾にお世話になるようになりました。そこは2人の生徒に1人の先生というスタイルで、よく気配りができているようでした。一度息子が指導を受けているのを見学させていただいたのですが、かなり真剣に先生に質問し、指導を受けていたように感じました。先生もまた、受験を経験していたようで、中学受験に限らず試験を受けるときのテクニックなどを教えてもらったと話していました。
その後2回ほど模試を受けたのですが、その度に偏差値が改善していたのは我々だけでなく本人も驚いていたようで、中学受験に対する自信もつけていったようです。本番では自分の偏差値よりも高い中学校に果敢に挑戦し、見事合格することができました。個別指導塾の先生方には親子共々感謝しています。

Comments closed.